eワラントと税金について

eワラントの取り引きに税金がかかります。

 

では、どのようにしてeワラントの取り引きの税金を算出すればいいのかご存知ですか?

 

譲渡所得と雑所得

 eワラントにかかる税金についてですが、総合課税方式がとられています。

 

eワラントでの利益は満期まで保有した場合と満期前に売却した場合では該当する所得の種類が違いますので注意が必要です。 そして、ともに株式のように源泉徴収されませんので一定以上の利益を得た場合は確定申告が必要となります。

 

満期前の売却は通常譲渡所得に、満期まで保有した時は雑所得となるようです。

それと、事業としてeワラント取り引きを行った場合は事業所得になる場合があるんですね。

 

そして、儲けが出たという場合には、確定申告をしなくてはなりません。それと、損が出た場合には、満期前に売却をした場合には総合課税として、一般的には所得から差し引くことができるみたいです。満期まで保有した場合には、雑所得内で差し引くことができるみたいです。

 

eワラントで損益通算

先ほど紹介した損益通算についてさらに考えてみます。まず、年間通して損失が出てしまうなら他の所得と差し引きできる譲渡所得の方が有利といえます。例えば保有しているeワラントで損失が出ている場合、満期まで保有してしまうと雑損失になりますが満期前に損切りすると譲渡損失になります。これを踏まえて売却するタイミングを考えてもいいかもしれないですね。 

 

なお、株式の譲渡益は他の所得と損益通算できませんので、株式の損失とeワラントの利益は差し引きできません。逆も同じです。

 

eワラントと確定申告

ちなみに、総合課税、つまりそれは、所得全体に対して課税される税金のことです。eワラントの儲けは、その利益以外に例えば給与所得があった場合には合算されて課税対象となるようです。通常給与は源泉徴収されるようですので、eワラントの儲けはご自身で確定申告する必要があるんですね。

 

損が出た場合には注意する必要があるんですね。ご自身が給与所得者であると仮定して、eワラントを満期まで保有していて権利行使出来なかったときに、給与所得以外の雑所得がないとそうすると、いくら雑所得がマイナスになっているとしても税金は還付されません。要するに、満期日が近くなっているのに行使が出来そうにないeワラントを保有していたとそうすると、場合によっては損切りしてしまった方が、マイナス分が総合課税され総所得から差し引かれるため、納税額が減少する可能性があるんですね。